山神さま

鹿児島県(かごしまけん)のむかしばなし

むかし、あるところに、ははおやと むすこの ふたりぐらしが ありました。山で たきぎを とってきて、わずかな おかねに かえ、おこめを かって くらしていました。
あるとき、むすこが、ははおやに いいました。
「おかあさん、あしたは、べんとうを こしらえてくれないか」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です