いのししとかめ

長野県(ながのけん)のむかしばなし

むかし、いのししは くびが ながく、かめは せが たかかった ころの ことです。
あるとき、どうぶつが たくさん あつまって、ちからくらべを しました。
そのうち、いのししと かめが、おしあいっこを はじめました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です