まほう使いの弟子

フランスのむかしばなし

昔むかし、あるところに、まずしい おひゃくしょうが いました。おひゃくしょうには むすこが ひとり ありましたが、この子は 大きくなっても はたけしごとを いやがって、はたらこうと しませんでした。
そこで、おひゃくしょうは むすこに、いろいろな しごとを 見せて、なんの しごとを したいか、えらばせることに しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です