いぬときつねのたび

岩手県(いわてけん)のむかしばなし

 ある とき、いぬと きつねが、いっしょに たびに でました。あるきながら、きつねは、
「おれは、せんり さきの ことも うらなえるし、にせんり さきの ことも わかるんだぞ」と じまんしました。
いぬが、
「ふうん。そうかい」と かんしんすると、きつねは、
「そうだぞ。それに、おれは にんげんを だますことが できるけど、おまえは にんげんの いう ことを きくばっかりだ。だいいち、おれは かみさま なんだ」と いいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です